それぞれに一長一短!銀行と消費者金融のキャッシングはここが違います。

銀行のカードローンと消費者金融のキャッシングの違いを解説

銀行と消費者金融の違い

現在では、多くの方がキャッシングを利用されています。
キャッシングには色々な種類がありますが、特に利用者が多いのは銀行のカードローン消費者金融です。

 

この両者には当然ながら、それぞれに一長一短があります。
そこで今回は、両者の違いについて紹介していきたいと思います。

 

 

総量規制を受けるかどうか

話し合う男性たちと現金

総量規制というのは、借入の合計金額が年収の合計の3分の1を超えないようにする法律上の規制です。
銀行のカードローンと消費者金融では、この総量規制を受けるかどうかという点で違いがあります。

 

まず銀行のカードローンについて言うと、こちらは総量規制を受けません。
何故なら、銀行は貸金業法ではなく銀行法の適用を受けるためです。
そのため、銀行のカードローンを利用すれば消費者金融の貸出限度額よりも高額の融資を受けることができます。

 

一方、消費者金融について言うと、こちらは貸金業法の適用を受けます。
そのため、消費者金融から借入れを行う場合には年収の1/3という借入れ額の上限を守らなければなりません。

 

 

貸し出しまでのスピード

銀行のカードローンと消費者金融では、借入れの申し込みを行ってから実際に貸し出されるまでのスピードも違っています。

 

銀行のカードローンの場合、貸し出しまでのスピードは決して速いとは言えません。
銀行の貸し出し審査は、基本的に自社では行わず外部の保険会社に委託しているため、どうしても貸し出しまでに時間がかかってしまうのです。

 

最近では、一部の銀行で即日融資に対応したカードローンが誕生していますが、それらはあくまでも例外的なケースでしかありません。

 

他方、消費者金融の場合には、借入れの申し込みを行ってから貸し出されるまでのスピードは非常に迅速です。
銀行とは違い、自社で審査を行っているため、スピーディな対応が可能なのです。
申し込みを銀行の営業時間内に行えば、その日の内にキャッシングを済ませることができます。

 

 

金利の割合

キャッシングに付き物である金利に関しても、銀行のカードローンと消費者金融では違いがあります。
金利は金融機関によって違うのが当然ですが、平均を比べてみても両者には明らかな違いがあるのです。

 

まず銀行のカードローンの場合、仮に50万円を借り入れた場合の金利(年利)は13.0%~14.5%程度になります。
一方、消費者金融の場合には、50万円を借り入れた場合の金利は17.8%~18.0%程度になります。

 

これを見れば一目瞭然ですが、銀行のカードローンよりも消費者金融の方が高い金利を支払う必要があります。
両者の差は小さくても3.3%程度、大きければ5%程度ですから、金利の面では明らかに銀行のカードローンの方が有利だと言えます。

 

 

在籍確認の方法

キャッシングを利用する際には在籍確認を行うのが一般的ですが、その方法にも銀行のカードローンと消費者金融で違いがあります。

 

簡単にまとめると、銀行のカードローンの場合は必ず在籍確認が行われますが、消費者金融では行われる場合とそうでない場合があります。
また、在籍確認の方法に関しても、銀行のカードローンの場合には必ず職場への電話確認が行われますが、消費者金融では主として書類による確認が行われます。

 

トップへ戻る