JICCに開示請求を行えば、ほぼ間違いなく信用情報を確認できます。

個人でもできる信用情報の開示請求方法をわかりやすく解説

信用情報の調べ方

クレジットカードやローンの申し込みを行っても繰り返し断られることがあります。
そのような場合に考えられるのは、信用情報に傷が付いているのではないかということです。
そしてそんな時には、自らの信用情報を確認した上で悪い部分を改める必要があります。
ここでは、そのために必要な信用情報の調べ方について説明していきたいと思います・

 

 

個人でも調べられるのか

信用情報と言うと、一般的に金融機関の間でやり取りされている情報と言うイメージがあります。
そのため、個人ではアクセスできないと考えられている方も多いようですが、実際にはそうしたことはありません。
調べようと思えば、個人でも簡単に調べることができます。
信用情報は信用情報機関というところに登録されているのですが、ここに開示請求を行えば誰でも自らの信用情報を確認することができます。

 

 

どのような調べ方があるのか

パソコンで調べる女性

信用情報を調べるためには信用情報機関に開示請求を行う必要があります。
この開示請求には3つの方法があり、その内のいずれかを選んで信用情報を調べることになります。
以下がその方法です。

 

  • 窓口での開示
  • インターネットでの開示
  • 郵送での開示

 

この内、実際に利用されているのが最も多い方法は郵送での開示です。
尚、信用情報の開示請求は基本的には本人が行うべきものとされています。

 

本人以外、つまり代理人を立てて行うこともできますが、その場合には戸籍謄本委任状などが必要になります。
ちなみに、信用情報の開示請求を本人が行う場合には以下の書類が必要になります。

 

  • 信用情報開示申込書(申込者本人用)
  • 本人確認資料

 

 

どの信用情報機関に開示請求を行うか

信用情報の開示請求は信用情報機関に対して行うわけですが、これには大きく分けて2つの機関があります。
CICJICCがこれに該当するわけですが、両者は同じ信用情報機関でありながら似て非なる組織となっています。
さてそれでは、両者はどのように違うのでしょうか?

 

クレジットカードはCIC

クレジットカードに関わる信用情報を調べる際には、CICに開示請求を行う必要があります。
日本に存在するすべてのクレジットカード会社はこのCICの会員となっているため、ここに開示請求を行えばクレジットカードの信用情報を必ず確認することができます。

 

消費者金融はJICC

消費者金融に係る信用情報を調べる際には、こちらのJICCに開示請求を行うことになります。
日本の消費者金融業者の内、凡そ80%はこのJICCに加盟しています。
大手の業者は全てここに加盟していますので、JICCに開示請求を行えばほぼ間違いなく信用情報を確認することができます。

 

 

開示請求にかかる手数料

信用情報の開示請求は誰でも行うことができますが、決して無料というわけではありません。
一番安い方法は直接窓口に出向くケースで、この方法であれば手数料は500円で抑えることができます。

 

ですが、自宅で開示請求を行う二つの方法(インターネットと郵送)では、これよりも手数料が嵩むことになります。
インターネットまたは郵送で開示請求を行う場合には、1000円の手数料が必要になります。

 

トップへ戻る