購入した商品の所有権の所在と金利の計算方法も大きく異なります。

「割賦払い」と「ローン」それぞれ異なる目的と特徴をくわしく解説

割賦払いとローンの違い

皆さんは、大きな買い物をする際に一括で払うかどうかで悩んだことはないでしょうか。
購入する商品の金額が大きな場合、一括で支払うという方法の他に、割賦またはローンで支払うという方法があります。

 

これらはどちらも、一括ではなく複数回に分けて支払うという点では共通していますが、決して全く同じというわけではありません。
ここでは、そんな割賦払いとローンの違いについて取り上げていきたいと思います。

 

 

割賦払いとは

カードで買い物する女性

クレジットカードを使って商品を購入する際によく用いられる返済方法が、この割賦払い(分割払い)です。
クレジットカードの支払いと言えばリボ払いがメジャーですが、それ以外にもボーナス一括払いや割賦払いなどの返済方法があるのです。

 

では割賦払いがどのような返済方法かと言うと、これは文字通り一括ではなく分割して返済を行うという方法ということになります。
割賦払いでは通常の場合、分割の回数を3回から選ぶことができ、24回が分割の限度になっているのが一般的です。
また中には、ボーナス併用払いを行える割賦払いもあります。

 

割賦払いが使えるんのはショッピング枠だけ

割賦払いはあくまでも、商品を購入する際に用いられる返済方法です。
ですので、この方法が使えるのはショッピング枠に限られます。

 

ショッピング枠とクレヒスの関係

 

割賦払いは3回から

多くのクレジットカード会社が割賦払いによる返済を認めていますが、その分割回数は例外なく3回からと決められています。
2回に分けて支払うという方法は分割とは呼ばれず、また実際に金利が発生するのも3回以上の分割からと決まっています。

 

リボ払いと併用できる

先程、割賦払いはボーナス一括払いと併用できると書きましたが、実はリボ払いとも併用することができます。
ただし、割賦払いとリボ払いを併用すると、場合によっては毎月の返済額が大きく膨らんでしまう可能性もありますので、その点には注意が必要です。

 

 

ローンとは

住宅ローンイメージ

ローンとは直訳すれば「貸す」という意味ですが、一般的には個人または法人に現金の融資を行うことをローンと呼んでいます。
ローンには様々なタイプのものがあります。

 

例えば代表的なものだけでも、住宅ローン、自動車ローン、教育ローン、カードローンなどがあります。
これらにはそれぞれ異なる目的と特徴があるわけですが、一方でほとんどのローンに共通している点もあります。
そしてその共通点こそが、ローンの最大の特徴でもあります。

 

それは、返済回数を基準とするか、返済金額を基準とするかを選べるというところです。
前者の返済回数を基準とするローンの場合は、先に返済の回数(=返済期間)を決めて、それに応じて月々の返済額が自動的に決まるという形になります。
一方、後者の返済金額を基準とするローンの場合には、毎月の返済額を先に決めて、それに応じてトータルの返済回数が自動的に決まるという形になります。

 

前者のタイプのローンの代表例は住宅ローンで、後者のローンの代表例はカードローンです。
また、ローンには使途が決められているものと、使途を自由に決められるものの2つがあります、
上記で紹介した住宅ローンや自動車ローンなどが使途を決められたローンの代表例で、使途を自由に決められるものにはフリーローンなどがあります。

 

 

割賦払いとローンの違い

さてそれでは、割賦払いとローンにはどのような違いがあるのでしょうか。
両者の違いは、おおよそ以下の2点にまとめられます。

 

商品の所有権の所在

割賦払いの場合、返済が完了するまでは当然ながら商品の所有権は金融機関に属します。
一方、ローンの場合には商品を購入した時点でその購入者に所有権が属することになります。

 

金利の計算方法

割賦払いでは、あらかじめ支払い回数を決めた上で利息を計算し、元金と利息の合計を支払い回数で割ったものが月々の返済額になります。
一方、ローンの場合には返済の都度、借入残高を勘案した上で利息を計算して月々の返済額を算出することになります。

 

トップへ戻る