クレヒスに傷が付くと様々な不利益が・・原因の最も大きな要素が滞納です。

一度クレヒスに傷が付いてしまうとどうなるのか?デメリットと注意すべきこと

クレヒスに傷が付くとどうなる?

クレヒスには、良いクレヒス悪いクレヒスがあります。
当然、良いクレヒスの方が望ましいのは言うまでもありませんし、悪いクレヒスになって得をすることは何一つありません。
悪いクレヒスにならないようにするためには、クレヒスに傷が付かないように心がけなければなりません。
クレヒスに傷が付くと、色々と不利益を被ることになってしまいます。

 

 

傷が付くとはどういうことか

クレジットカードとハサミ

おそらく、クレヒスに傷が付くと言われてもあまりピンとこない方も多いと思いますので、まず初めにその意味について解説します。
クレヒスに傷が付くというのは、簡単に言えば、何らかの理由によってクレヒスが決定的に悪化することを言います。

 

具体的に言うと、利用者が金融事故を起こした場合にクレヒスに傷が付くことになります。
では金融事故とは何かと言うと、3カ月以上の長期滞納・任意整理・自己破産の3つがこれに該当することになります。

 

この3つの内で、最も多いのはもちろん3カ月以上の長期滞納です。
クレヒスの良し悪しを分ける最も大きな要素が滞納ですが、金融事故として最も多いのも滞納なのです。

 

 

一日でも遅れるとアウト

滞納というのは、文字通り返済が滞ることを言いますが、クレジットカードの場合にはかなり厳密に判断されることになります。
クレジットカード会社によって多少の違いはありますが、基本的には一日でも支払いが遅れれば「滞納」として扱われることになってしまいます。

 

ですので、「2、3日遅れても大丈夫だろう」「1か月以上遅れたけど大目に見てくれるだろう」といった考えは一切通用しないと思っておいた方が良いでしょう。
数週間程度の滞納であれば大目に見てくれるクレジットカード会社も無くは無いですが、1か月以上になるとこれはもう完全にアウトです。

 

 

傷が付くとどうなるのか

さてそれでは、クレヒスに傷が付くと一体どのようなことが起こるのでしょうか。
具体的にどのようなことが起こるのかを以下に挙げていきます。

  • カードローンを利用できなくなる
  • クレジットカードの契約および更新ができなくなる
  • 住宅ローンや自動車ローンなどが組めなくなる
  • 携帯電話(スマホ・ガラケーを問わない)の分割払いができなくなる
  • 賃貸住宅の契約において保証会社を保証人にすると、審査に落ちてしまう
  • 銀行からの貸し付けを受けられなくなる

一度クレヒスに傷が付いてしまうと、以上のような事態に陥ることになってしまいます。

 

 

滞納が原因の場合には更なるデメリットも

クレヒスに傷が付くと上記のようなことになってしまうわけですが、傷が付いた原因が滞納の場合には、更なるデメリットが発生することになってしまいます。

 

滞納によってクレヒスに傷が付いてしまうと、その信用情報が以降5年間に渡って有効になってしまうのです。
信用情報は日常生活の様々な場面で必要になるものですから、これは非常に大きなデメリットになってしまいます。

 

言うまでもありませんが、傷の付いた信用情報は金融機関等の審査において非常に不利に働いてしまいます。
また、あまりにも大きな金融事故を起こした人の場合には、5年を超えても信用情報が消えないということにもなり得ます。

 

トップへ戻る