信用力を積み上げていくことが大切!その具体的な方法があります。

傷ついたクレヒスを回復させる方法はあるのか?~具体的な方法

クレヒスを回復させる方法はあるのか

一度クレヒスに傷が付いてしまうと、金融機関の貸出し審査において不利に働いてしまうことになります。
またクレヒスがあまりにも悪化してしまうと、全くもって融資を受けられないということにもなってしまいます。

 

そこで、クレヒスに傷を付けてしまった方の多くが考えるのが、「クレヒスを回復させる」という方法です。
しかし、クレヒスを回復させるというのはそもそも可能なことなのでしょうか?

 

 

異動情報は消える

クレジットカードの利用者が何らかの金融事故を起こした場合、その情報は信用情報機関に登録されることになります。

 

この情報を異動情報と言うわけですが、この異動情報は永遠に残り続けるというわけではありません。
どの信用情報機関に異動情報と登録されている情報でも、一定の保存期間を経過すれば消去されることになるのです。

 

尚、この保存期間は個人再生・自己破産で10年、それ以外の金融事故で5年となっています。

 

 

信用力を積み上げていく方法

右肩上がりの信用力イメージ

一度異動情報が消えると、そのクレヒスは所謂ホワイトの状態になります。
これは簡単に言えば、クレジットカードを一度も使っていない時と同じ状態ということです。

 

ですので、そこから新たにクレヒスを作るためには、地道に信用力を積み上げていく必要があります。
以下にその具体的な方法を挙げていきます。

 

携帯電話などの決済を分割払いにする

携帯電話など(スマホ・Wi-Fiほか)を購入する際、一括で支払ってもクレヒスには何ら影響はありません。
しかし、分割払い(割賦払い)で購入すれば、これはクレヒスに影響することになります。
もちろんプラスの影響です。

 

携帯電話などの購入はたとえクレヒスがホワイトであっても問題りませんし、しかもクレジットカードを持っていなくても行うことができます。
しかも、スマホ本体に関しては分割手数料がかからないため、一括で支払いする際と同じ料金で購入することができます。

 

頻繁に利用する流通グループのカードを作る

自分が普段、頻繁に利用する流通グループのクレジットカードを利用するというのも、一つの有効な手段です。
何故有効かと言えば、流通系のクレジットカードの場合には、グループ内での利用履歴が審査の際に参照されるからです。

 

例えば楽天カードの場合、楽天市場の利用回数が審査において参照されることになります。
要するに、流通系のカードを作ると効率的に信用力を積み上げられるということなのです。

 

 

延滞は厳禁

クレジットカードの支払いを延滞するというのは、当然ながら望ましいことではありません。
良いクレヒスが積み上がっている人にとってもそうですが、これからクレヒスを回復させていこうとしている人にとっては、延滞は厳禁とすべき行為です。

 

延滞と言うのは、たとえそれが1回2回であっても、あるいは未払いの期間が短くても、クレヒスに悪い影響を与えることになります。
ましてや、それが長期の延滞になってしまうと大変です。

 

延滞の期間が長くなってしまうとそれは金融事故として扱われてしまい、クレヒスに決定的な傷を付けてしまうことになります。
簡単に言うと、ブラックと呼ばれる状態になってしまうのです。
ですので、これからクレヒスを回復させようとしている時の延滞は、それが短期のものであれ長期のものであれ、絶対に避けなければなりません。

 

信用情報を確認する方法

トップへ戻る