直接クレヒスに影響が出なくとも、影響のおそれ・注意すべき点があります。

税金滞納や保険料未払いはクレヒスに影響するのか?

税金滞納や保険料未払いの影響

クレジットカードをお持ちの方であれば、誰もが良いクレヒスを残したいと思います。
そのためには、クレヒスに影響する色々な要因を考慮した上で、様々な支払いを行っていかなければなりません。

 

しかし、中には「この料金の支払いはクレヒスに影響するの?」というようなものもあります。
ここではその中でも、税金や保険料の滞納・未払いがクレヒスに影響するのか否かについて取り上げていきたいと思います。

 

 

税金の滞納はクレヒスに影響するのか

税金に悩む中年男性

税金というのは、当然ながら誰もが期日通りに収めるべきものです。
ですが、実際には様々な理由によって税金を滞納する方が多いのも事実です。

 

さてそこで問題になるのが、冒頭に挙げた税金の滞納がクレヒスに影響するのかどうかという点です。
この疑問の答えを知るためには、まずクレヒスとは何かを知っておく必要があります。

 

簡単に言うと、クレヒスとは信用取引の履歴です。
ですので、クレヒスに影響を与えるのは信用取引に関する個々人の情報(滞納の有無など)ということになります。

 

それでは、翻って税金の支払いが信用取引であるかどうかを考えると、当然ながらこれは信用取引ではないということになります。
それが住民税であろうと所得税であろうと、あるいはそれ以外のどんな税金であろうと、納税と言う行為は信用取引とは全く性格の異なるものです。
従って、仮に税金を滞納してしまったとしてもクレヒスに影響が出るということにはならないということになります。

 

また、税金の他にも以下のような料金に関しては、たとえ滞納したとしてもクレヒスに影響が出ることはありません。

  • 電気代・ガス代・水道代
  • NHK料金
  • 自動車保険
  • 医療費

 

 

税金を滞納している場合の注意点

税金を滞納していてもクレヒスに影響が出ることはありません。
しかし、税金の滞納に関してはこれとは別に注意すべき点が2つあります。

 

差し押さえを受ける可能性がある

税金の滞納が続いた場合には財産の差し押さえを受ける可能性があります。
差し押さえの対象となるのは、預貯金や不動産、自動車、生命保険などです。

 

クレジットカード払いの場合はクレヒスに影響する

税金の支払いと自体は信用取引ではありませんが、クレジットカードで支払いをしている場合には事情が変わってきます。
クレジットカードで支払っているものはそれが税金であろうとその他の料金であろうと、もれなく信用取引として扱われてしまうのです。
そのため、税金をクレジットカード払いで納めているケースで滞納を起こしてしまうと、クレヒスに影響が出るということになってしまいます。

 

 

保険料の未払いはクレヒスに影響するのか

次に保険料の未払いについてですが、こちらも基本的には税金の場合と同じです。
保険料の支払いと言うのは信用取引ではありませんので、仮に未払いであったとしてもクレヒスに影響が出るということはありません。
また、クレジットカードで支払いを行っている場合には、未払いによってクレヒスに影響するというのも税金の場合と同様です。

 

前回の記事では携帯や公共料金未払いの影響についてお話しました。

トップへ戻る